小児科医(私)の季節感

- comments(0) - emoshin

間もなく四国も梅雨入りするそうです。ジメジメした梅雨が開けると本格的な夏が来ると思われている方も多いと思います。私はというともう夏になっています。それは、夏に流行する夏風邪の一つ手足口病(口の中・手足に小水疱ができる病気)が全国的に急増し、警戒レベルになったと厚労省の発表があったからです。ヘルパンギーナ(口内炎と熱が症状)・咽頭結膜熱(プール熱・高熱が続き扁桃炎と結膜炎が症状)といったその他の夏風邪の報告も増えています。ところで、冬といえばやはりインフルエンザです。インフルエンザの流行が終われば「春が来た」と思います。ところが最近は、ゴールデンウイークが終わってもまだインフルエンザの子ども達をみるようになってきました。同じ様に「感染性胃腸炎」といえば冬場に流行する病気の代表でしたが、最近は一年中「流行って」います。もう私が「これが冬だ」と感じる病気が無くなったようにさえ思えます。これも「温暖化」の影響でしょうか?・・・

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM