今年のお盆休みは皆さんどうされますか?

- comments(0) - emoshin

もうすぐお盆休みです。開業してからまとまってお休みが取れるのは「盆と正月」なので小旅行を計画したり楽しみにしていました。

ところが皆さんもご存知のように新型コロナウイルス感染症の「再流行」が始まって、とりあえず今考えていた事は全てキャンセルです。今年は皮肉にも毎年当たる夜間休日急病診療所の出務も当たっていません。仕事もないし、阿波踊りもないし、休み中ずっと「家籠り」もしゃくなので、昔子どもが小さい頃よく連れて行っていた海陽町の海水浴場までお弁当でも持って妻と一緒にドライブして、海でも見ながら昔のことを懐かしもうか?など近場で動こうとたくらんでいます。皆さんはどうされますか?何か良いアイデアがあれば、診察に来た時にでもこっそり教えてください。何とかリフレッシュできるお休みを過ごしたいのですが・・・無理っぽいかな??

「じーじ先生」になります。

- comments(0) - emoshin

以前診察室で自分の事を「おっちゃん」というか「じーじ」というか迷って、結局若作りして「おっちゃん」でいこうという話をしたと思います。新型コロナウイルス感染症の影響で散髪にもなかなか行けず、髪も染められなくなりすっかり「ロマンスグレー?」になりました。「じーじ」と呼ぶ子ども達も増えてきました。また、5年前に亡くなった私の父をよく知る人から「お父さんとそっくりになった」と言われます。もう若作りも限界です。最近潔く「じーじ先生」になろうと決めました。ただ、私の妻から「身だしなみに気を付けなくなるとボケるのが早まるよ!」と注意されるので、服や靴・鞄については私なりにおしゃれをしているつもりです。それでも老けていく気がします。老けない様に気力・気力!!・・・

徳島市夜間休日急病診療所が心配

- comments(0) - emoshin

徳島市夜間休日急病診療所の患者数が70%以上減少していることが、徳島新聞の記事になったのでご存知の方も多いと思います。当然莫大な収入減で大きな赤字になっています。このままだと診療所の維持が困難となることが予想されます。昨日徳島県・市の担当職員と徳島市医師会で話し合いがありました。私も徳島市夜間休日急病診療所の運営委員の一人なので参加しました。会議の様子をリークするわけにはいきませんが、行政から「支援」が入るのはなかなかハードルが高い印象でした。徳島市となっていますが徳島市夜間休日急病診療所は徳島県の東部医療圏の小児救急の一次医療機関です。ここが潰れると大変なことになります。徳島市医師会はこの様な危機感を持って何とか「潰さない」ように頑張っています。行政と徳島市医師会の思いにはまだまだ温度差があると感じます。この温度差をちじめる為にどうするか?時間との戦いになりそうです・・・

えもとこどもクリニックが危ない?

- comments(0) - emoshin

今日の徳島新聞で「県内医療機関苦境」と言うニュースが一面トップに載っていました。その中で、私のクリニックの状況が記事になっていました。数日前徳島新聞の取材を受けて、私のクリニックの経営困難な状況を隠す必要もないので質問に全て答えました。勿論記事に間違いはないのですが、「活字」になるとなにか暗い雰囲気になっていると感じてしまいます。実際、記事のように職員の半分は休ませ、給料も少し減っているのですが、以前と同じ様に「楽しく」皆で仕事をしています。ただ、全国の小児科診療所が経営的に大変で、都会では実際に廃院の危機にある小児科診療所がある状況を知ってもらえて良かったと思います。ところで私は今の「経営危機」を乗り切るためいくつか対策をとっています。少しその効果が出てきたかなと感じています。多分この「経営危機」は乗り越えられると楽観?しています。今回の新型コロナウイルス感染症の流行で、診療所の経営を守る「経営能力」が試されているようにも思いました。私の「経営能力」も結構いけるかもと今は自画自賛しています。本当に大丈夫?・・・

今日は父の日です

- comments(0) - emoshin

今日が父の日だと皆さん知ってました?母の日に比べて「認知度」が非常に低い気がして少し不満です。以前このブログで母の日に犬のぬいぐるみに入ったカーネーションのプレゼントを、大阪で薬剤師をしている息子が送ってきたことを紹介しました。父の日に私へのプレゼントが来るかなと淡い期待をしていました。ところが、県をまたぐ移動が解除されたこともあって、久しぶりに2泊3日の短い期間ですが帰ってきて、何と父に日のプレゼントに私の好きな阪神タイガースのラベルのついた焼酎を買ってきてくれたのです。本当にうれしい気持ちでいっぱいになりました。私にプレゼントを渡すために休みを取って帰って来てくれた?そこまでは望みすぎですですね・・・

乳幼児のマスクについて

- comments(0) - emoshin

新型コロナウイルス感染症の流行で、マスクを着用する習慣が定着しています。私のクリニックに受診する小さな子ども達までお母さんの手作りと思われる可愛いマスクを着用しています。しかし、この度日本小児科学会・医会から乳幼児(2歳以下)のマスクは危険で不要という見解が発表されました。それによると、‘幼児は気道が狭くマスクで呼吸がしづらくなり、心臓・肺に負担がかかる。▲泪好による窒息・嘔吐した時の窒息が起きやすい8元が隠れるので口唇色が悪いなどの異常が発見しにくいぅ泪好で呼吸すると熱がこもりやすくなり、熱中症を起こしやすいテ幼児は感染しても重症化しないζ幼児の感染はほとんどが親からであることだそうです。確かに私もそう思います。しかし、せっかく可愛いマスクを作ったのにとガッカリされるお母さん方も多いのでは。そこで可愛いマスクを着用した子どもの写真を記念にとっておいて、子ども達が大きくなったらその写真を見せて、「昔新型コロナウイルス感染症が流行して、お父さん・お母さんは子ども達を守るのに大変だったのよ」とでもお話ししてはどうでしょうか?なにか年寄りの発想かな・・・

徳島市長の徳島市保育園整備補助事業見直しについて

- comments(0) - emoshin

私はできるだけこのブログで政治的なテーマに触れるのは避けようと思っていました。ただ、この問題は小児科医として声を上げなければ子ども達の未来に禍根を残すと思い発言します。市議会では待機児童もいるが同じくらい定員割れもあると発言があったようですが、これは全くのすり替えです(官僚得意の)。定員割れは幼稚園で保育園は民間を中心に「定員オーバー」・「時間外保育」等で働くお母さん方を必死でサポートしています。定員割れの幼稚園と待機児童待ちの保育園を有効に活用する目的で「幼保連携」という考えで「認定こども園」の整備が国の施策として進められることになったのです。「認定こども園」の運営について医師会としても「子育て企画課」と議論していく予定ですが、確実に言える働くお母さん方にとって良いことは児童の受け入れパターンの多様化です。A受入・B受入・C受け入れと三パターンで受け入れできるので、以前の保育園の受け入れパターン・幼稚園の受け入れパターン・その中間の受け入れパターンと、以前であったら幼稚園パターンではパートの仕事はできないが、保育園パターンの受入のようにフルでは働けないお母さんに働く可能性が出来る受け入れパターンを作ることができるようになるのです。徳島市長は子育ての大変さ・仕事との両立で困っているお母さん方の気持ちがわかっていない人だとはっきりしました。徳島市長は子育ては実家頼みだったのではないかと、疑ってしまう今回の発表でした。ところで真偽のほどはわかりませんが、この問題に陳情に来たお母さん方には会わずに夜徳島県知事と「お寿司を食べに行った」と写真が載っていました。徳島市長の「よく話し合う」相手は、徳島市民でなくて徳島県知事のことだったようです。・・・「怒り!!!」

学校が再開に向けて動き出しました

- comments(0) - emoshin

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策で、全校休校が解除に向けてやっと動き始めました。徳島市はまだ6月8日までは午前の半日で、半分づつの分散登校だそうです。私のクリニックは沖洲小学校の真ん前にあって、朝クリニックの駐車場で子どもを車から降ろして送ってくる光景が再開しています。子ども達が生き生きとして登校する様子を見てほっとしています。クリニックの駐車場を無断で利用されていることになりますが、子ども達の表情を見ていると「まあ良いか」と思っています。駐車場といえば、クリニックの横の道の奥の広場が学童保育の駐車場になっているようです。夕方になるとお迎えの車がクリニックの駐車場の方に入って来て「患者さんが来た」とスタッフ一同喜んでいると、通り過ぎて学童保育の駐車場に入って行って皆でガッカリしています。クリニックは「受診抑制」が続いていて夕方になるとほとんど患者さんが来なくなっているからです(夕方だけでなく一日中ですが)。夕方に車の行く方角を皆で追いかけてガッカリする様子は、クリニックの経営としては大変なのですが、なにか面白くて「苦笑い」しています。このまま患者数が減ると経営的にはピンチですが、今は子ども達が戻ってくるのを信じて我慢・我慢の日々です・・・

プレゼントです

- comments(0) - emoshin

今日は母の日です

- comments(0) - emoshin

最近は新型コロナウイルスの話題ばかりです。気持ちも暗くなりますが、今日大阪にいる息子から妻にプレゼントが届きました🎵久しぶりになごやかな気持ちになりました。

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM